ブログ:斎藤栄司 (コメントはタイトルをクリックしてお入りください)

 

丹田呼吸ワークショップの振り返りなどやっていると、友人がやってきました。孟宗筍とワラビが取れたからと持ってきてくれました。

2年前に職場を退職しましたが現在も再任用で継続勤務しています。責任からは解放され仕事量は減り楽にはなったのだがプライドが捨てきれずストレスになるのだと。

週末の太陽の下での農作業はそれらの解消してくれると。孟宗筍やワラビもまた太陽の下で育った自然の恵みと言うことでしょう。とても生命力を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、第2回目の丹田呼吸ワークショップを開催。今回も前回に引き続き1名の参加。ワークショップは立派に成立です。マンツーマンでその方に合った方法を探しました。

その結果生み出されたのが仰臥丹田呼吸法です。つまり寝そべりながら行う方法。これならば重力に逆らうことなく横隔膜を動かすことができるので、呼吸機能が弱い人でも5秒10秒の呼吸リズムがとれそうです。

と同時に、ここでのワークショップのテーマが見えてきました。『5年後のご自身のイメージを作り上げる』。ここに集まる人たちはそのイメージを共有する仲間になってくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ある会合のアトラクションでスコップ三味線というものを見せてもらいました。ホームセンターで売っているスコップを栓抜きでたたいて音を出すというのですがこれがちゃんとメロディーを奏でるのにはびっくり。

たたく場所で音が変わるようで、そこを正確にとらえているからこそできる技なのでしょう。直前に練習したというクイーンたちも参加したのですが普段は見せない隠れた才能を披露していました。

栓抜きでスコップをたたく金属音は素朴な迫力があり、会場は大いに盛り上がるのですが飛沫が飛ぶわけでもなくコロナ渦での出し物としては絶妙な企画かも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のゴールデンウィークのメインイベントは自宅駐車場のブロック敷。砂利がむき出しのまま20数年を過ごしましたがあまり整っているとは言えない。

せめて見えるところだけでも平らにしたいと浸透性のブロックを買ってきました。30×30のブロック16枚。車の後部スペースを仕上げるのに2日かかりました。

作業はほぼ中腰。足の疲労が半端ではない。朝晩山辺温泉に通いリハビリしながらの作業でしたが夜は9時になると仮死状態。車の前部の施工予定は全く立たない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は天童市倫理法人会の令和4年度倫理経営講演会が天童温泉ホテル王将にて開催されました。コロナの影響で昨年、一昨年はお休みとなり3年ぶりに開催。セッティングの記憶もあいまいになり写真など見比べながら。

会場整備をやってくれているホテルのスタッフの方に「この会場が使われるのも久しぶりでしょう?」とお伺いすると「そうなんですよ。嬉しいです」と。

倫理経営講演会は会員以外の方々にも呼び掛けて行う年に一回のお祭りでもあります。コロナによる沈滞ムードを払拭するという目的もあります。

 

 

 

 

 

 

 

昨日の日曜日、快晴の空にひかれてお花見に出かけました。霞城公園はきっと人がいっぱいだろうと馬見ヶ崎の河原に。予想通りのゆったり空間がありました。

雲一つない青空。桜並木を眺めながら浴びる風が心地いい。コッヘルでお湯を沸かしコーヒーを。スーパーから買ってきたサンドイッチも一段とおいしい。

持って行ったシートの上に横になり眉間に太陽を浴びながらのんびりとくつろぐ。松果体がくるくる回っていくような感じがしました。

 

 

 

 

 

昨日の土曜日、第一回やまがた丹田呼吸ワークショップが開催されました。参加者は1名。それでも開催条件を充分にクリアー。記念すべき一日となりました。

初回としてはむしろ好条件のマンツーマン。どの辺がスムーズにいかないかを検証しながら修正修正を加えてのワークショップ。

横隔膜の上下運動により交感神経と副交感神経のバランスが整ってくると言われています。来月は5/21(土)の午後2時から3時30分。初回、2回目は無料。どなたでも参加できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、妻が「スゴイお土産をもらった」と帰ってきました。栃木から来た方に頂いたよう。おもむろに箱を開けるとゴロゴロとイチゴが転がっています。

サイズは不ぞろいですが、大きいものはこれがイチゴかと思えるような大きさ。全くスゴイ。数人いたようですがみんなに一箱ずつ持ってこられたよう。栃木愛の高い方なのですね。

さっそく頂きました。イチゴにかぶりつくといった感じ。味もいい。こんなイチゴが開発されたんですね。夢の実現と言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の休日のメインイベントは畑の耕運。といっても自宅敷地内にある畳4枚ほどの小さなスペース。2列の畝の土を30cmほど掘り起こしEMボカシをふんだんに振りかけたコンポスト生ごみを投入。

コンポストが超満タンでこれ以上入れるところがなくなったため通常より1月早い畑仕事となりました。毎年トマト、キュウリ、ゴーヤの成りが思いのほか悪いのは生肥の大量投入による地中での二次発酵が原因なのではないかと考えています。

にもかかわらず、今年は今まで以上に大量投入。でも1月早いので悪影響は抑えられるのではないかと考えています。EMは知る人ぞ知る魔法の土壌改良剤。今年の実りが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の日曜日、青空の下を歩いてみようと霞城公園に行きました。太陽を浴びながらお堀沿いをぶらぶら。桜はまだ開花の時期を迎えていませんでしたが幹が地面から黒々と伸びている風景がまたいい。

一足先にと梅は五分咲き。周りにはちらほらと人が集まり撮影会。ほんのりと梅の香りが漂っていました。開花前の花見は人混みもなく快適な時間を過ごせるよう。

しばらく歩いていると珍しい風景に出会いました。これまでに見たことがなかった霞城公園のナイスビューポイント。見えなくなることで生まれた新しい風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤麻美子式丹田呼吸法を1年間学び、2級、1級、マスターコースを終了し講師の資格を取得。先日の土曜日、第一回目の丹田呼吸ワークショップ開催の日を迎えました。会場はやまがたホケンセンター2F。

椅子などをセッティングしてみるとなかなかいい感じ。しかーし、参加予定していた3名の方々が全員不都合となり第一回はあっさりと流会。幻の丹田呼吸ワークショップとなりました。

そこで、普段なかなかじっくり行うことが出来ない丹田フラダンスの自主トレーニング。音楽に合わせながら繰り返し。これがなかなか効くのです。ぐったりと疲労感。これで準備は整った気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日お伺いしたお客様より啓翁桜を頂いてきました。まだツボミだったのですが室内温度でたちまち開花。ほぼ満開状態。

「さくら」の「さ」は早苗の「さ」であり農作物の収穫を意味しており、「くら」はそれらがいっぱいになっている状態のことを言うのだと聞きました。

「さくら」を眺めるのは収穫の前祝(予祝)だそうです。きっといいことがあると思いながらその時その時のやることを楽しむことが平和な社会につながるのではないかと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

先日、自宅の石油ファンヒーターが臭いを発するようになったため新しいものに買換えました。10年間使っていました。よく頑張って働いてくれました。

選んだのは前回と同様タイプ。使い慣れていて抵抗がないこともありましたが、シーズンも終盤でお安くなっていたことが最大のポイント。

静かにスイッチを入れてみると勢いよく温風が出てきます。さすが新品は違います。ファンヒーターってこんなにあったかいんでしたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

天童市内で寒中挽き抜きそばまつりが開催されています。天童織田藩将軍家に献上された蕎麦という。天童市内の何店舗かで提供してくれますが私のお気に入りはそば処吉野屋さん。

蕎麦のつぶつぶ感が残っているところがいい。正直それほど味の違いがわかるほど舌がこえているわけではないのですが寒中挽き抜きと言うことばの響きがいい。

サービスカードをもらいました。15回の利用で500円分として使えます。割と気長に持ち続ける必要のあるカードですがいつも途中で紛失してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山形北インターチェンジの東側に大岡山という標高400mほどの小さな山があります。春にはつつじが咲いてきれいになるらしい。

この山、冬になっても雪が積もらない場所があるとのこと。中から温風が噴き出していて雪が解けるのだと。マスコミにも取り上げられ知る人は知る山形の不思議スポットになっているよう。

有志の人たちで環境整備をしていて山頂に標識も立てたと。今年の正月にはその標識の隣に門松を飾ってきたのだと。背景の街並みとのコントラストは結構絵になる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は休日出勤中。お客様にお伺いしたところ北京オリンピックカーリングの試合が行われていました。デンマーク戦。第一エンドで日本がスチール1点リード。昨日のカナダ戦も気持ちよく見れましたねなどと言いながら一緒に観戦。

次のお客様でドライブレコーダーの取り付けを行い車に戻り続きを見ると5対7でデンマークリードに変わっているではないですか。

第10エンド。藤沢五月最後の一投。車を事務所の駐車場に止めたままじっと見つめていると。相手の黄色いストーンがパンパーンとはじけ3点獲得。劇的な勝利を見せてもらいました。

 

 

 

 

 

 

2月の当社のランチ会メニューは社員の希望により恵方巻。スーパーから買ってきてできる手軽さが人気だったよう。昨年は寒ダラ汁だったのですが。

時節柄「黙食でいこう」と言うと「黙食あて」と不満げ。「黙って食べて何がおいしいんだが」とも。

一本一本が太い。とても黙って食べきれる量でもない。具はサーモンやマグロ。海鮮丼みたい。2本は食べたが3本目には手が出ませんでした。

 

 

 

 

 

 

昨日、丹田呼吸認定マスターの再試験をオンラインで受けました。一月前の試験では不合格に。この間一度補講が行われ、試験対策キーワードを教えてもらいました。

お陰様で今回は無事合格。合格しますと独自の教室を開くことが出来ます。教室名は【やまがた丹田呼吸ワークショップセンター】としました。毎月第3土曜日の午後2時から3時30分に開催を計画しています。チラシ作成中。

会場はやまがたホケンセンター2F。普段は社員の昼食用スペース、たまにあるオンライン催しでも使ってはいましたが、いよいよこの部屋も有効活用する時が来たようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月の当社の昼食会はセリ鍋そば。「仙台セリ鍋のだし」にたっぷりセリを入れて。ねぎや鳥肉、豆腐も入っていました。根っこがおいしいからと私のお椀にはセリの根っこがやたら入っていました。

正月のお供餅もピザに変身。ベーコントッピングは好みではないと言っていたところ1/4にはベーコンの代わりカニカマがのっていました。

多い時は2~3日の分量が作られていましたが、今回はそばも適量で食べきり。これまでにない切れの良さ。当社の月一回のレクリエーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の日曜日、NHK文化センターのオンライン講座に参加しました。“庭やベランダに鳥や蝶を呼ぼう!~里山ガーデンのつくり方~”というタイトル。

先週のNHK趣味の園芸に出演していた神保賢一路さんが講師をされました。三浦半島で畑を耕しウコッケイ、やぎ、馬を飼いながら生活をしています。なかなか魅力的です。

チョウチョや鳥は花や実を見つける特別な能力があるようです。だから雑草が大事なのだと。庭づくりの概念が変わりました。参加者に里山壁紙がプレゼントされました。