昨日お伺いしたお客様は今年から息子さんがお父様の会社に入社されたそうです。大学を卒業し3年間勤めた会社を退社してのこと。その選択は決して楽な道ではないことを伝えた上での息子さんの判断だったようです。

地方の中小企業にとって事業承継は大きな問題。ご子息につなげる体制をとれたことは大きな一歩です。同時に資産の承継も課題です。特に自社株対策は早い段階から行うことがスムーズな承継には有効。

社長は息子さんにどうやって経営感覚を身に着けさせるかを検討しておられました。MG(マネージメントゲーム)が有効であることを力説したところです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。