CA3J0905

昨日お伺いしたお客様は建築業を営んでおられます。建築関係の方々のカレンダーには建築吉日とか三隣亡などが記載されています。三隣亡の時に自宅を建築すると近隣の人たちが災いを受けるとされています。

迷信っぽい感じがするのですが山形県では裁判になった場合負けるらしい。その三隣亡は一月の内にも何回か出てくるようです。「かのと」や「みづのと」が猪や、虎、馬の日と重なると三隣亡となると。

CA3J0906

三隣亡と並んでないがしろにできないのが大将軍。三年ごとに方角が変わるそうですが大工さん自身も大将軍の方角は触りたくないようです。ただ大将軍にはどこかに遊びに行く遊行日というものがあり、その間を利用して改築工事をおこなうのだそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。