CA3J1790

昨日お客様が大きな枝豆の束を2つ抱えてご来店されました。自宅の裏が畑になっていて最も手間がかからない野菜として枝豆を植えたとのこと。

「どうぞ一服」とお茶を勧めたのですが「枝豆の配達が詰まっているので」と早々に帰られました。社員やちょうどご来店いただいたお客様に分配。

帰宅後さっそく鍋にお湯を沸かし枝豆をゆでました。新鮮な青豆はワインとの相性がピッタリでした。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。